葛西駅から徒歩2分!
アメリカ医学・オステオパシーの 専門施術院です!
    【お問合せ】 03-6909-5102 
   【受付時間】 10時〜20時 (日曜日は19時まで)
   【住  所】 〒134-0084 東京都江戸川区
          東葛西6−1−10サンモーリス405 

 
オステオパシーとは?
 


オステオパシーとは、
アメリカ合衆国で生まれた手技医学です。
ソフトなやり方を中心に身体の歪みや緊張を
取り除き、身体の機能を取り戻す施術です。 

人間が本来持っている「自然治癒力」を
引き出し、健康維持、病気やケガからの回復・予防、美容など、
様々な面で効果を発揮します。
西洋医学や東洋医学とは考え方が少し違うので、
また違ったアプローチが出来るというのが特徴です。
 
他の一般的な治療法と比べると非常に安全性が 高いやり方なので、
年齢・性別を問わず乳幼児から年配の方にまで、どなたにも安心して受けていただける
という手技療法です。 

最近は、マスコミなどでも少しずつ取り上げられ始めており、
世界中に普及しつつあります。 


オステオパシーは、1874年に、アメリカ合衆国の医師 アンドリュー・ テイラー・ スティルによって発表されました。 
スティルは、3人の娘を流行り病によって亡くしてしまいました。
医者でありながら自分の娘を助けることが出来なかったスティルは失意と悲しみの中で、
西洋医学に対して限界を感じ、疑問を抱くようになりました。
そして、西洋医学のように薬や手術だけに頼るのではなく、
人間が本来持っているはずの自然治癒力を引き出すことが大切なのだ!」 
という結論に達したのです。
    
スティルは自分の研究の中で、 病気の状態の多くには「筋骨格系の異常」が伴っている
ということに気づきました。
つまり、
身体の構造の異常(歪みや緊張)が、正常な神経伝達、ホルモン機能、
体液の循環を阻害し、その積み重ねによって病気が発生してくるのだ! 
・・・・ということに気付いたのです。 

最初はちょっとした歪みや緊張だったのに、それをほったらかして積み重ねることで
大きな病気に繋がってしまう・・・・ということですね。 

そのような経緯を経て、
スティルは解剖学、生理学、病理学などの医学的知識に基づいた1つの手技療法を
生み出しました。
 
それこそが 「オステオパシー」だったのです!
 
 
【 日本オステオパシー学会によるオステオパシー紹介動画です! 】
 

 
他の治療法と何がどう違うの?
 

オステオパシーはマッサージではありません。整体とも違います。
ですが、日本国内ではまだ知名度が低いということもあって、カイロプラクティック、整体、マッサージなどの他の治療法と間違われることも珍しくはありません。
では、オステオパシーは、現在世の中にあふれている一般的な治療法と具体的にどのように違うのでしょうか?

施術にちゃんと根拠がある!

世の中に多く見られる一般的な治療法というのは、全てが全てではないのですが、
実は「しっかりとした根拠に基づいていないものが多い」というのが現状である
と言えます。
例えば、
多くの整体は「科学的・医学的根拠」ではなく「個人の経験則」を基にして成り立って
いますし、
また、皆さんがよく耳にするツボ(経絡・経穴)を始めとした東洋医学も、
長年の経験をまとめあげて作ったというだけのものに過ぎず、
決して医学的根拠があるものではありません。
「それでも、結果が出て治るのならそれでもいいじゃないか!」という意見もあるかも
しれませんが、
科学的・医学的根拠がない」ということは結局、
セラピストが「なぜ治るのか?という理屈」を理解できていないということです。
そうなると、いざ壁に当たり、「目の前の症状がなかなか改善しない・・・・」という
状況に立たされた時に、展開できずに打つ手が無くなってしまう・・・・
となってしまうのが現実です。
それが「経験則だけに頼る手法」の弱点であると言えます。

一方オステオパシーは、解剖学、生理学、病理学などの医学的知識から生み出された
ものなので、
ちゃんとした「科学的・医学的根拠」が伴っているものであるというのが特徴です。
アメリカ合衆国内では、オステオパシーは
医師免許を持った者のみに許される医療行為」として定められており、
法律と国家資格でしっかりと管理されています。
日本では法律の違いからそこまでの厳しい管理はありませんが、 
内容はアメリカ合衆国内のものとほぼ同じレベルを求められます。
つまり、オステオパシーはちゃんと「科学的・医学的根拠」に伴っている学問であり、
他の一般的な治療法よりも、より奥の深い展開をしていける施術であると言えるのです。

ターゲットが多い!

他の一般的な治療法の場合、施術の際にターゲットとする部位が限られてしまう
という現実があります。
例えば、
マッサージであれば筋肉、整体は筋肉や関節、鍼灸やカイロプラクティックは神経も
含めての筋骨格系組織などをターゲットとして、治療を行うものです。
つまり、ほとんどの治療法が「筋骨格系、神経系に対してのアプローチ」である
ということです。
ですが、
実際の人間の身体というのは、筋骨格系・神経系だけで構成されている訳ではありません。
それどころか実際は、それら以外のものの割合の方が圧倒的に多いというのが
人間の身体です。  
ということは、
筋骨格系、神経系だけをターゲットにしたアプローチでは、見落とすことになってしまう
要素の方が多くなってくるということなのです。
   
一方オステオパシーは、
筋骨格系、神経系はもちろんのこと、それらのみならず、動脈、静脈、リンパ、体液循環、
内臓、頭蓋骨、膜や脂肪層などの結合組織、精神面などなど・・・・
身体を構成する全ての要素をターゲットとして捉えて、医学的にそれらがどのように
関与し合って影響を及ぼすのか?という視点で施術を進めていきます。 
 
「ターゲットとしている要素」の数の違いを考えていただくと、 
オステオパシーが他の治療法と比べてより幅広いアプローチが出来るのだということを、
ご理解いただけるのではないかと思います。

安全性が非常に高い!

身体を施術する際のやり方として、
「痛い方向に動かすのか?」それとも「痛くない方向に動かすのか?」の
2つの選択肢があります。
例えば、
マッサージや整体、カイロプラクティックなどでは、 
身体の動かし方として「動く方向」と「動かない方向」があった時に、
「動かない方向に動かしていく」という方法で身体の制限を取り除きます。
(首が右を向くと痛いという場合に、痛い方向の右に動かしていくということです。)
一般的な治療法のほとんどは、このやり方を用います。
動かないものを動くようにする治療なのですから、これはこれで構わないのですが、
痛いものを痛い方向に無理やり動かすことになるので、やはりある程度のリスクは伴う
ことになってしまいます。

一方オステオパシーの場合は、
やはり同じようにこのやり方も用いるのですが、
それと同時に「痛くない逆の方向に動かして施術する」というやり方も用いて施術します。
くない、動きやすい方向に動かすやり方なのですから、こちらの方がより安全に
施術できるというのは当然のことですよね?
前者の「動かない方向に動かしていく」やり方を「直接法」、
後者の「痛くない逆の方向に動かして施術する」やり方を「間接法」と
それぞれ呼ぶのですが、この「間接法が存在する」ということが、
他の一般的な治療法との大きな違いの1つです。
直接法と間接法をちゃんと両方とも使い分けながら、
「今、目の前の身体とっては、どちらの方法が最適な選択肢なのか?」という判断の
もとに、その患者さんに最も合った施術をオーダーメイドで組み立てて行けるというのも、
オステオパシーの魅力の1つなのです。

 
どんな症状に効果があるの?
 

以下のような状態の方が、当院でオステオパシーを受けています。
 

 

 などなど・・・・。 

また、
その他にもオステオパシーは、西洋医学とも東洋医学とも概念やアプローチが少し
違うため、 「医者に行ったが検査では異常がなく、”どこも悪くないですよ?”
と言われたものの、本人はすごくつらく、悩んでいる・・・・ 」という場合や、 
「病院や接骨院、整体や鍼灸など色々な所を周ってみたが、今一つ原因もハッキリせず、
あまり改善しなかった・・・・ 」という場合などには、 
特にオステオパシーが効果を発揮することも多いと思います。

ぜひ一度、ご相談されてみて下さい!    

 

 
 

今月の休診日

 
 
 
 

最新のブログ記事一覧

 
  2017年3月24日
  ブログを更新しました!
 
 
  
 

 
        134-0084
   東京都江戸川区東葛西6−1−10
   サンモーリス405 
   電話 03-6909-5102  
   東西線・葛西駅から徒歩2分! 
   江戸川区 整体  
   葛西オステオパシールーム
 
 
 
 
 
 
 
 
  住    所: 〒134-0084 
          東京都江戸川区東葛西
         6−1−10 サンモーリス405
  T E L : 03-6909-5102  
  m  a  i   l   : k-osteopathyroom@nifty.com
  施 術 者  : 2名
       院長は、 国際基準ライセンス
       MRO(J) 取得セラピスト
  ベッド数: 2台
  不定休・完全予約制